HOMEへ戻るサクラ一覧へ戻る樹木ホームへ戻る

【小手毬】 こてまり

大手毬と同様であるが、花は小さい手毬の状態となるところから、この名が付けられた。




2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【大手毬】 おおてまり

多数の花が枝の先に密生して咲き、大きい手毬の状態となるところから、この名が付けられた。花は、中輪の淡紅色である。


2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP



2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【松前紅紫】まつまえべにむらさき

北海道松前町の浅利政俊氏が、江戸(品種名)と里桜を交配育成することによって生まれた品種です。花の色が紅紫の色調を有することからこの名が命名されたと言われています。花の蕾は濃紅紫色、開花後に紅紫色になり、花径は4.5〜5.5cm、花弁数は35〜45枚の大輪の花が鈴なりに着き、下向きに咲く美しい桜です。


2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【天の川】 あまのがわ

東京荒川堤にあった里桜で、樹姿がほうき状となり、淡紅色の花が上向きに咲く珍しい品種である。花弁数は10〜20枚ある。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【大提灯】 おおぢょうちん

球形の大輪の花が提灯のようにぶら下がって咲く。花は淡紅色を帯びた白色である。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【蘭蘭】 らんらん

北海道松前町で、「白蘭」と「雨宿」との交配から選出育成された桜。花は白色に近く、外面は淡紅紫色。花弁数は15〜20枚ある。名前は、上野動物園のパンダ蘭蘭の死を悼んで昭和55年の子供の日に松前の子供たちが命名した。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【松前琴糸桜】まつまえこといとざくら

北海道松前町の浅利政俊氏が、昭和34年北海道松前町で毬山家の庭にあった無名の八重桜の大木の種子から作り出した桜。花弁数は40〜45枚で、開花後紅色から淡紅色となる。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【雨情枝垂】うじょうしだれ

詩人の野口雨情氏の邸内(現在の宇都宮市鶴田町)にあったところから、その名が付けられた。花は淡紅色で、花弁数は20〜26枚ある。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【御衣黄】ぎょいこう

花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現われる大変珍しい品種で、花弁数は15枚程である。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【九重】ここのえ

大島桜系の里桜で、花は淡紅色で、内側も外側も花びらが同色の美しい桜である。

2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp



【林一号】 はやしいちごう

仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25〜30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。


2012/04/21 大阪造幣局撮影 参考文献 造幣局HP

2011 - Wood777 All Rights Reserved    namba@wood777.sakura.ne.jp